アート, フード, 未分類, 水村璃根 海外アート展示, 水村璃根アート作品, 水村璃根アート活動&告知

海外展示のオファーでした/鶏肉と野菜のオイスターソース炒め

その時その方に必要な癒しを。
ヒーリング&リーディングサロン* ダズルガーデン @ 恵比寿 自由が丘 横浜キラキラ璃根です。

これまで何ヵ国かの海外展示に、コラージュ画もしくはミクストメディアで参加させて頂く機会が色々ありました。

昨年は体調をずっと悪くしていたので、展示参加自体も相当減らしていたのですが、数々の海外展示の仲介でとてもお世話になっているギャラリーの私の担当者さんと、かなり久しぶりに電話でお話しました。

一年半以上は、そのギャラリー関連の展示がなかったので何だろう?と思ったら、シンガポールでの展示のオファーでした。

私はスイスのモントルーでのアートフェスに参加したことがあります。

2014年頃かな。絵だけで現地には行かず。

モントルーのアートフェアに出した作品(多分これ)のトリミング作品。

画像が粗いので、あえて古い映画風に加工してみました。

 

その時の現地関連者が今はシンガポールでの大きなギャラリーに移っておられ、そしてモントルーでのアートフェスで私のコラージュ作品と作家名を覚えていらしたそうです。

名指しで

『Mis Rineにぜひ参加して欲しい』

『まだアーティスト活動は続けているのか?』とギャラリーへ連絡が入ったそうです。

結局、今回のシンガポール展示自体は、やむなくお断りするしかなかったのですが、数年前の作品を私の名前ごと覚えて、かなり熱意を持ってオファーして下さった(できれば現地にもぜひ来て欲しいともおっしゃっていたそう)というのは、仲介のギャラリーさんでも滅多にないことだそうです。

因みにモントルーのアートフェス当時、ギャラリー担当者さんが事後報告で、

『水村さんの作品、とても評判良かったですよ!』と伝えて下さってましたが、現地に行ってないので、どの程度かはよくわからない訳ですが、

『そうか、本当だったんだ~』と今になって実感。

今回のオファー、お断りするのが本当に申し訳なく、かつ大変もったいないのですが、かなり嬉しくて、そんな前の展示で今につながることがあるんだ!と感心しました。

今やれる目の前のことをやれるだけやったことが、すぐに目ぼしい結果として見えなくても、思いがけないことにつながる感動。

ギャラリーさんは昨年夏にリニューアルオープンされていて、

『また作品をギャラリー内で紹介する機会を作りましょう!また連絡します』ともおっしゃって下さいました。

まだまだサロンが安定しないので、アーティスト活動を再開しづらいのですが、また機会を見て、少しずつでもやりたいと隙を伺っています(?)ので、あらゆることに頑張りたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、全く違う話になりますが、今日はすごく久しぶりに炒め物料理をしました。

炒めることは頻繁にしてますが、そのあと煮込み料理にしてしまうのですよ。

炒める=調理終わり なのが私にはとても珍しくて。。

で、作ったのはこれ。

ごく普通の料理なんでレシピは特に書かないので、ここに載せちゃいました。

炒め物をするのに、最適な鍋選びからまず間違え、(いつも煮込みスープにしちゃうからひとつの鍋で調理し過ぎる)炒めるには鍋が小さすぎて、野菜は弱火でほぼ蒸し煮です(笑)。

鶏肉は後から入れて炒めちゃう。

蒸しちゃうと野菜の水分が出てしまうので、ベースの味付けが薄くなる為、あとづけでオイスターソースのあんを作り、最後に炒め物全体にあえました。

まず鍋選びから失敗wでしたが、最終的には美味しくできました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です