アート, アート鑑賞, 未分類

猫将軍展「DUNGEON」

 

の時その方に必要な癒しを。
ヒーリング&リーディングサロン* ダズルガーデン @ 恵比寿 自由が丘 横浜キラキラ璃根です。

会期2/6~2/18の標題展示を観る為、友人に誘われてヴァニラ画廊へ行ってきました。

猫将軍展「DUNGEON」

 

友人は兵庫から来ていて、会期ギリギリにこの展示が見られるのを喜んでいました。

私はというと、全くこの方を知らなくて(私が知らなかっただけで、人気の方です)、ヴァニラ画廊もかなり久しぶりで、以前行ったのがいつなのか忘れてしまうほど前のことでした。。

天井からぶら下がっているこのお人形で、ヴァニラ画廊に来たことがあるのを思い出す。(行ったことあるかどうかも忘れてた)

 

ポスターになったこの絵は『セイレーン』(スペル覚えてません)

セイレーンは半身半魚、もしくは半身半鳥とされる幻獣です。

この絵では、半身半鳥でありながら、メカニカルな要素が混じっていて、近未来的な新鮮さが際立っています。

この絵に代表されるように、幻獣をかなり独創的に、躍動感のあるマシンチックで繊細な美しさで表現されていました。

また、機械的でありながら、耽美的な要素もあり、華麗さも際立ちます。

他にはメドゥーサ、ホムンクルス、キマイラのベイビー(幻獣のベイビーがまた新しく思えました。そして、キマイラはライオンその他の獣の合成なので、ベイビーは可愛かった)など、お馴染みのものが。

私は蛇が大嫌いなのですが、メドゥーサは女性の顔や装飾の美しさに見入ってしまいました。

 

そして、絵を見てすぐに気になったのが、絵に入れている猫将軍さんのサイン『Neko』。

うっかり気づかないでいてしまいそうに、どの作品も、絵に溶け込むように巧みに入っていました。

作品は基本的に撮影禁止ですが、

会期中に行われたライブペインティングで描かれた作品は撮影可能でした。

美しい女性の幻獣が好きなので、こちらも当然❤『マーメイド』

サインペンでライブでこんな絵を…。

因みに使用されている画材は、ペンと鉛筆と色鉛筆!!こんなに艶やかだけど、色のある部分は色鉛筆でした!

 

友人は、画集とポストカードを購入してホクホク❤

私は、一人だったら観に行ってなかっただろうな~~と普段観ないタイプの絵をじっくり観る機会があって、良かったです。

人と出かけると、こういう収穫がある。

隣の部屋でも展示を観たのですが、違う作家さんなので、別途記事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です