フード, 料理レシピ, 未分類

【レシピ】帆立ピューレ入りコーンクリームスープ

今一番必要な癒しをあなたに。
ヒーリング&リーディングサロン* ダズルガーデン @ 恵比寿 自由が丘 横浜キラキラ璃根です。

コーンスープを自分から飲むことは滅多にないので、作ることはもっとないのですが、これまで得意系のスープで実験しまくって飽きていたので、珍しくコーンクリームの缶詰を使って今まで食べたことがないようなコーンスープを作ってやろう、と思い立って作ってみました。

コーンの甘さに帆立の旨みが絡み、中華スープの素を使いながらも、洋風の美味しいスープができました!

【材料】3~4人分

コーンクリーム缶詰 1缶(180g)

水 350~400ml

冷凍の帆立(大)3個(生でもOK。中くらいの大きさであれば4-5個。紐や内臓がある場合は取る)

白ワイン

ラム酒(又はブランデー・ウイスキー・カルヴァドス等の蒸留酒)

ホタテ貝柱スープ(中華コーナーにある粉スープ) 大さじ3

生クリーム少々

【作り方】

・冷凍の帆立を器に入れ、白ワイン(大さじ2目安)、ラム酒(小さじ1弱目安)をかけ入れたところで、塩を振り、ラップをかけてレンジで解凍する。

(500~600Wで1分目安。帆立に火が入らないように大きさに応じて調整*生ホタテの場合は、500~600Wで20秒程度でイケると思います)

・鍋にコーンクリームの中身を入れ、水を200ml程度、貝柱スープ大さじ2、ラム酒小さじ1程度、塩少々を加え、混ぜながら沸騰しすぎないように火にかける。熱くなったら弱火に。

鍋のスープを適量取り出し冷ましたもの、解凍した帆立、帆立の煮汁をミキサーかフードプロセッサーに入れ、ピューレにする。

・帆立のピューレを1/4~1/5ほど取り置き、スープに残りのピューレを入れる。

・味をみながら、残りの水100ml程度、貝柱スープ、塩、生クリーム少量(味をみながらお好み量)を入れて、味を調える。

・火を止めて、器に入れてから、ホタテのピューレを適当に落とす。

★繊細な旨みのコーンスープのできあがりです!

【ポイント】

ラム酒(洋酒)を混ぜることで、中華系貝柱スープを使っても洋風のスープになります。

持っていないので試せませんが、紹興酒を使って中華風味になるか実験してみたいとも思いました。

なかなか面白かったので、またコーンクリーム缶を使って変わり種のスープを作りたいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★解決できないお悩み、心身の疲れを癒したい等、今あなたに一番必要なヒーリング&リーディングを提供します。
ヒーリングサロン*ダズルガーデン>@恵比寿・自由が丘・横浜

☆サロンHP:http://dazzlegarden.strikingly.com/

お問い合わせ ⇒ こちらの”問い合わせフォーム”から
セッションお申し込み ⇒ こちらの”申し込みフォーム”から
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<ココナラ専用遠隔セッション> ★リンク★
☆サロンメニューを分割したリーディングメニュー、ヒーリングメニューをご用意しております。
遠方でサロンに行くのが難しい方、試しに受けてみたい方に適しております。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください